2019年10月29日

8月に次男が生まれました 〜2回目の帝王切開レポ〜

あっという間に月日が流れましたが
8月中旬に次男が生まれました✨

39週0日で予定帝王切開で進めていたものの、
38週とちょっとの夜中に陣痛が来てしまいました。
(できれば経験したくなかった。。。苦笑)

実母がNZに到着して、その晩2時。
お腹が痛くて目覚めました。
「下痢かな?」と思ってトイレに向かいましたが、下痢の様子ではなく
少し経つと痛みも引いたのでベッドに戻りました。
でも、またやってきた痛み💥
「これはきた!」と直感で理解し、すぐミッドワイフに電話
そのあと病院へ直行。(ごめんよ長男、いきなり実母に任せられました。笑)
病院に着いたのは3時AMごろ。

病院に着いてすぐにお腹にモニターがつけられて
ちゃんとした陣痛かどうかを確認。
きっちり5-10分間隔の陣痛でした。

「頭下になっているけど、自然分娩に切り替える?」とドクターに確認されましたが
「帝王でお願いします」の即答
(陣痛もしんどかったし、一人目が大きくて超難産だった記憶が蘇りました。)

私はとりあえずそこから2時間ほど陣痛に耐え
その間に身の回りでは手術の準備が手際よく進められました。
血腫などを抑えるお薬なども注射し
あれよあれよと5時前に手術室へ。
一人目の時は針がうまく入らないなどで時間がかかった硬膜外麻酔(Spinal)も、今回はすんなり。
しばらくして氷をお腹や脇腹に当てて、感覚がないことを確認しました。
2回目でもこの部分。すごく怖かったです。苦笑
自分の間隔を信じていいのか、痛み感じたらどうすんねんとかずっと考えていました。
(大丈夫です、ちゃんと効いてましたから

一人目の時と全然違ったのは私の意識の差。
一人目の時は15時間陣痛に苦しみ、麻酔の前にもうヘトヘト意識朦朧でした
なので陣痛3時間しか味わっていない二人目の今回
自分の意識がはっきりしていて、ドクターの声や周りにいる人の声がよく聞こえていました。

1回目の傷がケロイドになっていたので、赤ちゃんをさっと取り出したら
すぐにケロイドの傷を取り除いて、お腹の中を綺麗にして縫合。
15分ほどかかるので、その間に取り出されたベビーのへその緒を旦那がチョッキン✂させてもらい
やっとベビーと対面💓
無事に出てきてくれてありがとうの気持ちでいっぱいです✨✨

一回目がケロイドになったので、今回溶けない糸で縫合してくれました。
1週間後に抜糸をしなければならないのですが、
溶けない糸の方がきっちり閉まるのだそうです。(嘘か本当か。。。)
でも選択肢を与えてくれたのはありがたかったです。

そのあとの1週間は覚悟はしていましたが痛みとの戦いでした。
痛み止め飲み薬を早め早めにお願いして、
ベビーのお世話は授乳以外サポートしてくれる家族に目一杯お願いしました
NZの帝王切開後の入院は通常3日です
出産費用は完全無料とはいえ、短すぎる!!!

私は麻酔が切れ始めるのが術後6〜8時間後ぐらい。
足の指などを少しずつ動かして
やっと立てるようになって、自室のトイレに行けそうであると判断されたら
すぐにカテーテルを外してシャワー。
亀並みにスローに歩幅狭く歩いても激痛です
気持ちでめげそうになりますが、これも最初の1ヶ月だけだと自分に言い聞かせてました。

今回変わっていたのがおしっこの計量。
カテーテル外してきちんと排尿できていない人が多いとのことで
2時間で一定量の250mlが出ないとまたカテーテル入れられるとのこと
身長150cmない私にはかなり多い量で合格するまで時間がかかりました。
最終的に1時間あたり水1L飲まされて、半泣きでクリアしました。まじ拷問です。

ベビーは若干の黄疸はあるものの、問題的なレベルではなく概ね順調。
予定通り4日後に退院しました💨
気分的にはあと1週間ぐらい居たかったけど(傷もめっちゃ痛いし)
お家で待っている長男の顔を見ると、やっぱりお家は良いなと感じました

今回感じたことですが
陣痛に耐えた時間が短かった分、体力消費も抑えられて
その分リカバリーが少し早かった気がします
無痛分娩の方が産後の回復が早いと言われるのも理解できます。

2ヶ月経って、今は痛みどめ無しで生活できるようになりました。
それでもくしゃみや咳をすると響きます
2歳児の長男との生活はカオスの何者でもないですが
男の子ママ、頑張ります!

傷口の経過の話はまた次回。。。







posted by Pukana at 11:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

おしゃぶり卒業チャレンジ中です

さて、あと数ヶ月後にはお兄ちゃんになる上の子ですが
ついに。。。ついに。。。

おしゃぶり卒業チャレンジはじめました


生後3ヶ月ぐらいから使い始めたおしゃぶり
寝るときにはマストアイテムでした。

おかげさまで寝かしつけは今まで楽させてもらってたのですが、
ここ数週間、花粉症?か何かで鼻づまりがひどく
夜寝るときにおしゃぶりが吸えずイライラ。。。
夜中数回起きることが増え、
ついに旦那と「止めよう」と決断。

翌朝、家にあるおしゃぶりの先っぽをチョキン!
(後のこと考えず、今あるおしゃぶり全部切りました)

本人にそれを見せて、もうないないしようね〜と言うと
自分でゴミ箱にポイ


え、思ったよりうまくいくんじゃ?


そう一時は思いましたが、
大変なのはやはり寝るときでした。。。。ww


とりあえずギャン泣きです
分かってはいましたが、なかなか見ているこっちが精神的に大変。

1日目 昼寝
30分ひたすらギャン泣き
でもその後少しずつ疲れ果てて寝ました。
寝具がぐっしょりです

1日目 夜
15分ギャン泣き
でもなるべく起きているときに遊ばせていたからか、昼寝よりは時間がかかりませんでした。
ただこの夜一度も起きることなく、朝7時半までぐっすり
旦那と喜びを分かち合う朝www

2日目 昼寝
20分ギャン泣き後 就寝

2日目 夜
もうクタクタになるまで遊んでいたため
まさかの泣かずにご就寝

その後、相変わらず寝る際に「ちゅっちゅ」とおしゃぶりを探してますが
なんとかなってます


でもこれだけは言える。
なかなかおしゃぶり卒業中は体力的にも寝かしつけがタフな時間になるので
旦那の協力は必要

我が家の場合、夜の寝かしつけは旦那の役回りで、昼寝は私です。

この卒業チャレンジ中(しかも私はこの身重な体で)
1日二回の寝かしつけは結構しんどい。。。。
家で協力体制を作ってからすることを断然オススメします。


息子がすんなり寝るのに慣れるまで時間はかかりそうですが
今後もおしゃぶりなしで頑張っていただきます


色々寝かしつけ方法も、うまくいく方法を探っていけたらいいなと思います






posted by Pukana at 17:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク